Search this site
色彩をそぎ落としたモノクロ写真。
光による形や美、そしてモトーンによって単調化された写真は、より印象を深め、鑑賞者の想像力を高めてくれます。
モノクロ写真に魅せられた自由奔放な個性派写真家集団、杜の都、仙台より発信します。
<< 写真展より  「銀色の瞳して」 | TOP | 写真展より 「Walking with HOLGA 」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
写真展より 「存在」
posted by BW sendai menbers | 07:25 | Nagai | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 07:25 | - | - | - |
コメント
仙台の荒浜海岸に沿った小道を歩いていると、思いもよらぬ物に目をうばわれてしまった。そこはまるで標識の墓場の様にみえた。僕は、どの標識に従えばよいのか頭が、混乱してしまいそうになってしまった。僕には、そんな光景が面白く楽しくも見え標識の中に介入したくなり影を落とし楽しい日々を送ることが出来た1枚の写真だった。
2008/11/17 01:01 by 永井 優
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://bwsendai.jugem.jp/trackback/20
トラックバック