Search this site
色彩をそぎ落としたモノクロ写真。
光による形や美、そしてモトーンによって単調化された写真は、より印象を深め、鑑賞者の想像力を高めてくれます。
モノクロ写真に魅せられた自由奔放な個性派写真家集団、杜の都、仙台より発信します。
<< 去りゆく夏を惜しんで・・ | TOP | "仙台 街の記憶" MCS No.124 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
JUPITER-3

  オジーノ・カリーヤ
職場の近くに個性的なカレー屋さんができていました。

金曜日の夜,仕事の合間に遅い夕食を取りに外出したら
個性的なその店構えと,おいしそうなカレーの香りにひかれて入っていってしまいました。
フライデーナイトなので,
肩にはJUPITER-3をつけたNEX5でした。

ジュピター3,3群7枚 のゾナーコピー。
コーティングの未熟な時代に作られた多数の反射面を持つこのレンズは,
絞り開放では,夜のおぼろげな光を焼きつけてくれていました,
銀塩フィルムのときには。

デジタルのNEXではどうなのでしょう。
しばらく使ってみるつもりです。


NEXの液晶画面に写る,絞り開放でのジュピターからの映像は,
拡大してみると,
輪郭に柔らかなフレアのような光をまとっていました。
小さな画像ではそれははっきりとは見えてきませんが,
それが,超高性能な人間の目には,他のレンズとは違った写真として
イメージされてくるのかもしれません。

 オジーノ・カリーヤは,古い和風の民家を使った,
ソムリエの作るカレーを味わえるお店です。

古い民家に宿る不思議な光に包まれる夜に行ってみてはいかがでしょうか。

wakira

Sony NEX5, JUPITER-3 50mm/f1.5

posted by BW sendai menbers | 18:33 | wakira | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 18:33 | - | - | - |
コメント
こんなカレー屋さんが誕生していたのですね。
知りませんでした。
夏バテ気味の体には香辛料の効いた料理はカンフル剤にもなり得ますので良いかも。

それにしても,週末,いつものように市内中心街をスナップして歩いて気付いたのですが,先日オープンしたばかりと思っていたカフェなどの飲食店の閉店が目立ったのには愕然としました。

エ〜〜ッ!
もぅ閉店。
嘘でしょ!

てな感じ。
不景気の影響は避けられないのでしょうが,仙台は店舗の入れ替わりが激しいように思います。
特に,新しいお店ほど長持ちしないような・・・

中には良いお店もあるので,なんとか頑張って欲しいと願うのですが。

規制,規制,規制。
コンプラ不況。
日本,何か間違った方向に進んでいるように思えてなりません。
2010/09/06 08:47 by Kikuchi
初めまして、株式会社エアライズの丹野と申します。
この度、弊社がプロデュースさせて戴いた「オジーノカリーヤ」を取り上げていただきありがとうございます。
弊社は今後も飲食店支援共同で繁盛させていきます。

今後とも「オジーノカリーヤ」を宜しくお願い致します。
2010/10/20 11:23 by 株式会社エアライズ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://bwsendai.jugem.jp/trackback/591
トラックバック